HOUKOUブログmk2

RTS(SC2、AoE等)を中心に語る予定のブログです。 艦これを始めましたヽ(*゚д゚)ノ

カテゴリ: MTG

某氏に期待されたので、珍しく連続更新ー。 さて、TADでは日本、中国、インドの3カ国が追加されたわけですが、現状の評価で言えば・・・ 1.中国(西洋のトップクラスとも張り合えるとか?) 2.日本 3.インド のようになっています。 1位となった中国ですが、チーム戦、1v1両方凶悪で、チーム戦ではまたもやバランスクラッシャー的なカード(民兵や、チームカード)が何枚かあるのが残念です。 一部のおかしなカードの性能を正しく直せば非常に良い国となるのではないでしょうか。今でも危険な一部カードを自粛すれば問題はないと言えば無いのですが・・・。1v1では一部のカードの凶悪度は減るものの全体的なスペックでなんとかなってしまう事が多いようですが。 2位の日本は、兵の質は全国家最強でしょう。兵の基本スペックが高く、また強化系がワンダー、領事館、カード、大名と幅広く存在する為、強化のされ方が半端ではないです。また内政面もオランダやイギリスと良い勝負ができるのが心強いですね。欠点は序盤でとにかくもたつく事。軍隊がある程度安定供給できるまでが課題です。 3位のインドは現状ではラクダが非常に鍵でしょうか。とにかく足が速くコストも安いので序盤から数が多く出せます。また2の時代から馬に対して最強クラスのアンチユニットであるラクダ軽騎兵はかなりチーム戦では重要となってきていますな。ただ、かなり脆いのである程度操作量がなければあっという間に全滅してしまいそうですが。尚、象は強いといえば強いのだけど、押してる場面じゃないとあまり意味が無い・・・という感じで守りには向かない印象があります。他の軍隊も日本と性質が似てる割に質では圧倒的に劣っているので使えない印象が付きまとっています。 こんな所でしょうか。1v1に関しては中国が飛びぬけているが現状のようですね。チーム戦では比較的マイルドといえなくもないのですが、その分特定のカードの凶悪度が目立ちます。 ただ、日本は十分対抗するだけの軍隊の質が有りますので、中国の特に展開に持ち込まれないようにすればなんとか対抗できるかなぁという感じですかね。 ・・・インドは傍目で見てて辛そうですが。今はTAD国家オンリーゲーみたいな感じですが、今後は西洋交じりという感じになってますますカオス化しそうな雰囲気です。はてさて、どうなるやら・・・。

暑からず寒からず、でもちょっと蒸し暑いかなという日ですね、今日は。 連休もこれで終わりで明日からまた仕事ですねー。しばらくは23時過ぎ帰宅とかになりそうで嫌な感じです。 三国志大戦は覇者に降格しました>< が、すぐ覇王に復帰。とりあえず、士気3即人馬作戦を考えたのですが、相手があまり攻めてこないと微妙っすね。こっちは序盤最高武力7なんであまり前に出れないし・・・ MTGも次のブロックのカードが一通り発表になったんでデッキ組んでみてます。 問題は、既存のデッキの改悪版を回してるんですが、新カードって実はほとんどないんですよね。恩恵0は泣けますな。 >うだがわ氏 もうちょっと早く帰りましょう(汗 流石に閉店までやる気力はないなぁ・・・。

このページのトップヘ