咆哮先生の次回作にご期待下さい。