いろいろやらかしたような気もしますが、無事に終了しました。 咆哮先生の次回作にご期待下さい。